お子様が集団の中で元気に過ごすためには、健康でなくてはなりません。
ご家庭でのお子様の健康には、細心の注意を払っていただくと共に次の事項をお守り下さい。

保育中の体調不良について

保育中、発熱・発疹など身体に異常が生じて、保育困難と判断した場合、すぐにお迎えにきていただきます。日々の連絡先は、明確にしておいて下さい。

投薬について

お薬は病院で保育園に通っていることを伝え、朝晩2回の処方にしてもらうことをおすすめ致します。

感染症について

伝染病(はしか・百日咳・水ぼうそう・おたふく・とびひ・結膜炎・風疹・インフルエンザ・ウィルス性胃腸炎・溶連菌感染症)にかかった場合は、登園停止期間を経過してから医師に許可を得てから登園させて下さい。完治不明の場合は、治癒証明を提出していただく事があります。合わせて園への、報告もお願いします。

アタマジラミについて

アタマジラミが時々、発生することがあります。成虫は なかなか見つけにくいのですが、卵が見つかった時は、必ず成虫もいるはずですので、病院で相談し駆除して下さい。完全に駆除していただいてからの登園となります。

  1. 保育中に容態の変化などがあった場合、あらかじめ保護者が指定した緊急連絡先へ連絡をし、嘱託医又は主治医に連絡を取るなど必要な措置を講じます。
  2. 保護者と連絡が取れない場合は、乳幼児の身体の安全を優先させ、当園が責任を持って、しかるべき対処を行いますので予めご了承ください。

  • 保育園と家庭での状況を相互に確認し合うために【はいチーズシステム】の連絡帳を活用します。登園日には、体温、体調、食事、遊び、覚えたこと、挑戦していること、失敗したこと、排便状況などお子様のご家庭での様子もできるだけ詳しくお知らせ下さい。
  • 毎月 園だよりと保健だよりを【はいチーズシステム】にて配信しています。行事や共通連絡事項、各クラスからの連絡事項をご確認ください。
  • 緊急時の連絡は迅速かつ正確な情報を配信するため【はいチーズシステム】を利用しています。お知らせ配信及びメール配信での一斉送信をさせていただきます。各自ご登録お願いいたします。
  • 内科検診(内科医・長野先生)年2回
  • 歯科検診(歯科医・西川先生)年1回
  • 身体測定・毎月1回