作品展(4.5歳児クラス)

1年を通して体験した事を生かし、沢山の作品をつくりあげました。ひとつ一つすてきな作品になりましたね!まん延防止対策のご協力、誠に感謝いたします。

ようなご協力の中で、子どもたちとたくさんの制作をしてきました。お子様の成長を間接的ではありますが、どうぞご覧ください。

【ほほえみ組 おひなさま】
手のひらで ころころ形を作り、好きな色付き紙粘土を選び、ビーズの飾りをのせ、着物を羽織らせ仕上げました。

【ほほえみ組 絵画】

大きな画用紙に思うがままに自由にえのぐとクレヨンでとらを描きました。

【ほほえみ組 世界にひとつだけのぞうきん】
はじめてのぬいもの。いたって指に針をさしちゃった時もありました。でも「ぬいものって楽しいな」ってだんだん縫い進んでいくうちにそんな声が聞こえてくるようになりました。ぞうきんですが、使えませんね~💦大切な宝のぞうきんです。

【ほほえみ組 紙粘土製作】
まつぼっくりと紙粘土を使ってハリネズミをつくりました。

【ほほえみ組 共同制作】
「ピノキオ」
9月から練習し、作品展に向け11月から毎日こつこつ折りためた折り鶴をボンドで貼りました。とってもきれいに折れるようになりました。顔を出してピノキオに大変身です

【ひかり組 彩り立ち雛】
紙粘土を丸めて、顔と胴体をつくりました。お雛様の表情をよく見てくださいね。どの子もとってもかわいらしい♡2人でなかよくお話しているようですね。

【ひかり組 書道】

4月から始めた書道。初めて筆を持ち、筆遣いや力加減、はね・とめ・はらい等学んできました。「ひかりの子」と力強く書き上げることが出来ました。

【ひかり組 ぽんかんの量感画】
ぽんかんを描く前に、まずはじっくり触る。香りをかぐ。ぽんかんの生い立ちを想像する。形や色などの「視覚」だけで描き始めるのではなく、「五感」を総動員して描いてみました。

【ひかり組 縫い物】
ほほえみ組から始めた縫い物。
ひとめひとめ丁寧に塗っていき、こんなに素敵な給食袋と体操着袋が出来上がりました。小学校で使うのが楽しみですね!

【ひかり組 おちゃわん】
陶芸の先生のご指導の下、お茶碗をつくりました。一人ひとりの思い出がいっぱいつまったお茶碗に仕上がりました。お茶碗を手にすると、ほっこりとぬくもりの伝わるあったかいお茶碗です。

【ひかり組 マフラー編み】
棒網でマフラーを編みました。約2か月かかりましたが、こんなにすてきなマフラーが出来ました。ひとめ、ひと目を落とさないように毎日コツコツと編み進めました。お気に入りの飾りもつけてもらい、世界にひとつしかないオリジナルのマフラーができました。

【ひかり組 共同制作】
16分の1サイズの折り紙でバラを毎日コツコツ折りためました。だんだんと上手に、そして、スムーズに折れるようになりました。最後となるひかり組20人での共同制作。とっても素敵な作品になりましたね。

 

 

 

関連記事

  1. 5月24日 非難引取訓練

  2. 保護中: 祝福式

  3. 保護中: 夏まつり練習風景

  4. マラソン大会

  5. 保育参観

  6. 保護中: ひかりぐみ 夏のおたのしみ会